from B  

愛車は ロードスター NB6 クリスタルブルー

三脚の森へようこそ~ クイックシュー編 2  

 
ついでに不満だったのがカメラ部への取り付けネジ。
コインでも回せるけど、一応取り外し可能な蝶ネジ風のノブが
テンション留されていて、コレがまた無くしたりするんですよ(笑


左 初期型   右 改善後

そんな苦情が多かったからか、この部分は一体型に改善されました。



さて、不満は抱きつつも今までベルボンQRA-35Lを使用してきたワタシですが、転機は
ロケ用の3脚を新調した際に、付いてきた自由雲台がアルカスイスタイプのシューだった事。
ん? この件はそもそもの出会いと全く同じだな(笑




さておき、購入直後こそ、自由雲台自体あまり使わないので即お蔵入りさせて
しまったわけですが、ちょっと遊びで使うカメラをこのシステムで使って
みたら、その使い勝手の良さに目ウロコ状態。

で、ベースや雲台、プレート諸々を一気に更新してしまった次第です。


何が良いって、まずそのコスト。
パテントがどうなってるのか知りませんが、アルカスイスタイプは結構中華製が
Amazon辺りで出回っていて、例えば平タイプのシューなら2枚で千円もしない。

加えて、L型シューが標準的に売っている。しかも安価(1300円程度)に。
ベルボンのはL型が出ていない。もしやるなら(つーか実際に作ったけど)L型の
台座をまず買って、そこにシュー(又はベース側でそれをやるも良し)を縦用と
横用にそれぞれ取り付ける。そしてカメラはL字の台座にネジ止め。
書いていても面倒臭いが実際の作業はもっと面倒&出来上がりは決してスマート
とは言い難いシロモノ…

L型のシューは何が便利かって言うと…

ヨコと…
タテが…

ほぼ光軸ズラさずに変更できる。まあ最近はそういうレボルビング機構を
持った雲台もあるけどね。ボッタクリ価格で(笑

コレがやれると、俯瞰撮りなんかの時に足の位置を変更せずに縦横の変更
できるので楽なんですよ。まあ物撮りやらない人には『ナンノコッチャ』か
サッパリでしょうが(^^;

ついでに、コイツは副産物的なハナシですが、カメラを三脚に取り付けたまま
バッテリー交換が出来る!

構造の単純さと頑丈さも利点だろう。
くさび形のシューを左右(前後)から挟み込むだけ。
それ故、余計な摩耗も起きず、また摩耗してもテンションを掛ける量で相殺
される為、ほぼ恒久的に使用できる。



難点を言えば、アルカスイスタイプって基本的に自由雲台だけなんですよね。
3WAYは極端に少ない。


手前大型3WAY雲台にアルカスイスベース。奥SLIK自由雲台にベルボンベース。

ただし、3WAYタイプが極端に少ない云々は、こうやって従来型の雲台にも取り付け
られるので、今の所ソレで良いかと。ま、ソレはベルボンにも言えるんですがね。




Amazonで手に入る唯一のアルカスイス型3WAY雲台。
パン棒が長かったり、ティルトが片方向にしか傾かない等を魔改造して
現在、ロケ用三脚に取り付けて使用しております。結構調子いいですよ。
ロックを締め込んだ時に若干ズレたり、極端に精度を必要とする撮影には
慣れが必要ですが、価格比で考えればほぼ合格点。

さて、ワタシ自身は長い旅路を経てアルカスイス型クイックシューに行き
着いたワケですが、いま三脚を探している人が居れば、とりあえずは
ネジ止めタイプの従来型をオススメいたします。
初めからクイックシュー固定タイプ(雲台交換できない)だと、後々無駄な
投資になってしまうので。

何度も書きましたが、必要ならクイックシューは後で足せますから。



まあ、ワタシは元取ってるから累々とこういうものを積み上げても無駄
とは思いませんが、一般人なら家族から顰蹙を買うに違いありません…
スポンサーサイト

Posted on 2017/07/26 Wed. 01:01 [edit]

category: カメラ・写真・仕事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://slowbeat.blog55.fc2.com/tb.php/3573-5afeee28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

Flashリバーシ

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索


▲Page top