from B  

愛車は ロードスター NB6 クリスタルブルー

曲がる方に寄りましょう  

 
若い頃、当時愛車RX-7(SA22C_13BT改)で、超絶速度超過。
免停60日を食らった事がありまして、30日の時は短縮のために講習に
出て1日で済んだのですが、60日は講習受けても30日は乗れません(笑

まあ、でもマルっと60日乗れないよりは良いので泣く泣く2日間の講習に
当時は通ったワケです。30日の時は学科講習だけだったのですが、60日は
2日目の〆に実技講習がありました。これは免停喰らっちゃう悪徳ドライバー
が、どんな運転するのか観察される感じでしょうか? 

で、その時の事(前フリ長いな)ですが… 別に安全運転自体は、当時
から意識すりゃ出来るつもりでいたので、普通に運転したワケです。
ちなみに鴻巣免許センターのコース内ね。

教習所に通った事を思い出して新鮮だったな(笑

最後に採点と言うか、論評がありまして、横に座っていた教官…
いや、元警官か? なんせ、その方が言うには

教官 「運転は自体は、ほぼ100点。ただ一点だけ残念な点が… 」
ワタシ「スピードですか?」
教官 「いや、スピードも抑えられていて且つスムーズで、良い運転ですよ。
    ただ、曲がる時に曲がる方にあらかじめ寄せていませんね?」
ワタシ「その方がロス無く曲がれるので」
教官 「そうなんですが、教習所では曲がる方に予め車体を寄せる様に
    指導している筈なんですが?」
ワタシ『…そうだったかな?』
教官 「車体を予め寄せる事で、2輪車の巻き込みを防止する事もできますし、
    何より、後続車をスムーズにパスさせる意味でも、曲がる方に車体を
    寄せておく事は重要なんですよ。」
ワタシ『おお、なるほど…』
教官 「と言っても、殆どの車はそこまでは出来ていないんですけどね。
    slowbeatさんも、これを機会に後続車にまで気を配る運転を心がけて
    下さい。」
※ 『』 は脳内独白


免停なんて本来なるべきでは無いが、こんな感じで初心に帰る機会を得たのは
僥倖だったとも言える。以降、この「車体を曲がる方にあらかじめ寄せる」事を
常に心がけて運転をしている。おかげで今はゴールド免許だ。


そもそも右折の時なんて内輪差関係ないから、曲がる方に寄せない理由が逆に解らない…

確かに左折は内輪差の問題もあるので、ソーイングしたり、センター側から
アウト・イン・アウトしたくなる気持ちも解る。だが峠はともかく、街中で
アウト・イン・アウトは「OUT!」である。


可能であれば車体も真っ直ぐをキープした状態で寄せておいて欲しい。


よく、街道沿いのガソリンスタンドに入ろうとする車が、予め車体を
寄せていないが為に、後続車の障害になっている事が多々ある。
早目のウインカーと車体寄せで、渋滞は随分少なくなる筈である。
特に図体デカイ車に乗ってる人には、しっかり自覚して邪魔にならない
運転を心がけて貰いたいものである。
スポンサーサイト

Posted on 2017/05/28 Sun. 01:01 [edit]

category: 車・自転車

tb: 0   cm: 2

コメント

ゴールド免許と言う落ちなので、とても良い話です。
今、講習会場でして、代休の出ない出勤です。
こんな良い天気なのに。
トホホ

URL | Alain #buI3a3AE
2017/05/28 07:28 | edit

Alainさん
まあ若い頃の話なので免停は若気の至りって事で ^^;

URL | slowbeat #-
2017/05/28 08:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://slowbeat.blog55.fc2.com/tb.php/3512-8f72a60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

Flashリバーシ

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索


▲Page top