赤色灯の不思議

 
パトカーに赤色灯。まあ解る。


しかし、たまに覆面パトでも無い全く普通のクルマに赤色灯を
乗っけってるのを見ますね。
アレの規制というか、法的にどうなっているのか?


調べてみると…

道路交通法
(整備不良車両の運転の禁止) 第62条

道路運送車両の保安基準
(その他の灯火等の制限)  第42条

道路交通法
(緊急車両の定義)13条


大体上記に合致する条件で運用するらしいです。
で、全くの一般人が赤色灯を回せるのか… 
結論としては回せません。

警察や自治体が認定した車両が使用を許可されると言う事らしい。
上記画像の様な、たまに見かけるケアセンター系のミニバンとかで
赤色灯装備しているのは、自治体が認可しているんでしょうね。
確かに送迎中に、又はホーム内で起きる緊急事態に対処する意味で
必要なのでしょう。

ちなみに黄灯は道路維持の作業車。青灯は民間パトロールの車。
どちらも要認可車両ですが、赤色灯と違って道を譲る等の義務は
発生しません。
あくまでも、安全上の理由で目立つ様に回してるだけ。






さて、ファッションで赤灯を乗っけようって方は、下記を覚悟で。

違反点数1点・反則金は7000円


スポンサーサイト
9454:
軽すぎる気がしますね。
周囲の影響や安全上の理由からしたら、
刑も罰金も!?
9455:Re: タイトルなし
Alainさん

何なんでしょうね、この軽さは。
まあ実際に使って悪さしたら道交法とは別の刑罰も加わるとは思うのですが、抑止力として、道交法自体の罰則強化はして欲しいかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

slowbeat

Author:slowbeat
主に雑談ブログ。
    たまに社会派(笑

ボケ防止対策で、なるべく文章を
書こうと思い、日記帳替わりに
使っております。


趣味 車・料理・DIY・酒
職業 カメラマン。
   仕事下さい ( -_-)人

Flashリバーシ

by mitti0

ブログ内検索