北斎・広重

 
浮世絵に見る、江戸から眺めた富士山がやたら大きく描かれているのですが、
実際に東京近辺で、富士に関する地名の場所では、感覚的にソレに近い
富士を感じる事が出来ます。

まあ最近は高い建物も増えたので、丘陵地や川の土手なんかで、しばらく
大きい建物がない場所に行く必要がありますが、そういう場所があれば恐らく
当時のソレと近いモノを見る事が出来ます。


   

ここは埼玉の秋ヶ瀬公園近くの土手。
ちょっと行くと富士見市なんて地名なので、今くらいの季節は空気も澄んでいて、
本当によく富士山が見えます。

望遠で手前の風景と共に切り取れば、確かに江戸時代の浮世絵師が取り立てて
誇張していたワケでも無いのだな… と感じます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

slowbeat

Author:slowbeat
主に雑談ブログ。
    たまに社会派(笑

ボケ防止対策で、なるべく文章を
書こうと思い、日記帳替わりに
使っております。


趣味 車・料理・DIY・酒
職業 カメラマン。
   仕事下さい ( -_-)人

Flashリバーシ

by mitti0

ブログ内検索