from B  

愛車は ロードスター NB6 クリスタルブルー

ハスラーのセキュリティ解除方法  

 
最近のキーレス式標準装備のクルマは、大抵の場合不正解錠の
セキュリティーが付いている。要はキーレスでロックしたモノを手回し
の鍵で解錠した場合に所定の動作なしに一定時間立つとクラクション
が鳴り響くアレである。



ソレを知ったのは前車のタントで、何も知らずに合鍵で解錠して派手に
クラクションを轟かせた覚えがある。タントの場合は、解錠後すぐに
エンジンスタートさせればセキュリティは解除されます。

ある日事情があってスペアでハスラーを解錠。当然エンジンスタートを
すればクラクションは鳴らないだろうと…  しかしセキュリティーは
解除されておらずに派手に爆音が(笑
とりあえずまあ30秒で収まるんですが、それにしても困った。
今後こういう事態にならない様に、このお節介なセキュリティをキャン
セルしておこうかな。

同じスズキ車でも、各車手順が違う様なので念の為ハスラー『A』の
セキュリティON/OFF方法を記しておこう。



まずライトのスイッチを「OFF~スモール」で4往復

    
   


 
次にドアロックを「解錠~施錠」で3往復。
 



以上の作業を全行程15秒以内に完了すると、これでキャンセル完了。
再びセキュリティ入れるなら同様の手順で。

ハスラーAの場合は、ONかOFFしか選べませんが、車種によっては
いくつかのモードが備わってる場合があります。

昔なら、単純に線切ったりヒューズを抜いたりして対応していましたが、
今ではこんな隠しコマンドみたいな方法でキャンセルするんですねぇ…

勉強になりました。
スポンサーサイト

Posted on 2017/02/13 Mon. 01:01 [edit]

category: HUSTLER

tb: 0   cm: 4

コメント

勉強になりました!
まさに隠しコマンド(笑)

車の寿命が長くなってます(私感)
この手の電子部品が先に寿命を迎えたら面倒ですね。
ビートのECUの電解コンデンサーみたいに。

URL | ケロリン #-
2017/02/13 07:53 | edit

Re: タイトルなし

kerorinさん
そうなんですよ。クルマの寿命より先に電子部品が逝きますね。
これからは電子部品の寿命の伸ばし方が必須知識になっていくのでしょう。

URL | slowbeat #-
2017/02/13 12:33 | edit

裏技ですね。私も生活の裏技・・・・。

URL | love #-
2017/02/13 21:54 | edit

Re: タイトルなし

loveさん
なんか良い妥協案があると良いですね。

URL | slowbeat #-
2017/02/14 08:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://slowbeat.blog55.fc2.com/tb.php/3411-7198111b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

Flashリバーシ

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索


▲Page top