写真は逆光


愛車の写真を撮ろうという場合、もしドラマチックに撮りたければ、
逆光で撮る事をオススメする。
勿論カメラのレンズが逆光に耐えうる光学性能を保持しているのが
前提ですが。


とは言え、陰影が付いてしまうので、影になった部分は潰れ、光の
当たった部分はスっ飛ぶかもしれない。それでも、順光のベタ灯りでは
決して得られないメリハリがソコには生まれる。



逆光だとテキトーに部分アップを撮っても、何となく意味ありげに
どこか絵になるのだ。

木漏れ日なんかがある場所だと尚良い。

冬場の低い光線は、どの時間帯で撮っても絵になります。コレは
車に限らず全てに置いて言えますね。正に冬の晴天は写真日和。
スポンサーサイト
9144:
携帯で試してみます。
凄いよなぁ~。。。
こういう芸術的なセンスは、人工頭脳でもかなうまい。(笑)
(^^)v
9145:Re: タイトルなし
Alainさん
何とか人工頭脳達には負けたく無いですよね。
仕事を奪われるのか、任せるのか。

何でも楽すりゃいいってモンでもないですね。
9146:
試してみます。うまくいくかは腕次第ですが…。
プロ技ありがとうございます。
9147:Re: タイトルなし
loveさん
あのカメラがあれば大丈夫です。
朝日・夕日だと更に良い写真になります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

slowbeat

Author:slowbeat
主に雑談ブログ。
    たまに社会派(笑

ボケ防止対策で、なるべく文章を
書こうと思い、日記帳替わりに
使っております。


趣味 車・料理・DIY・酒
職業 カメラマン。
   仕事下さい ( -_-)人

Flashリバーシ

by mitti0

ブログ内検索