さよなら夏の日♪

 

今年も某テレビの24時間番組が終った。
どっかのバカ息子のせいで諸々危うかったが、それでも無事に
放送された『らしい』。ワタシはいっそ、ソレを理由に放送なんか
『やめてしまえ』とさえ思っていた。


実際、そんなに『みんな』この番組を楽しみにしてるワケでは無いんですよね。
身障者に対する気の遣い方を間違ってると言うか…
まあ、いくらか障害者に向けて金が落ちるので多少は許容しますが。



土・日曜は、家に居れば何となくFMをつけているので、自然と山下達郎の
サンデー・ソングブック」を聞く機会が多い。
この日は恒例の夫婦放談だったのだが、番組最後に竹内まりやさんが紹介した
視聴者からの手紙が興味深かった。

ざっくり言うと、視力障害者の達郎ファンからの手紙だったのだが、この方は、
いつもラジオも含め山下さんのライブにも足を運ぶ熱心なファンらしい。
昨今、ビジュアルを重視したフェスやライブが増える中、山下さんのライブは
音を届けると言う本来のライブから逸脱せずに、音に拘ったステージなので
我々視力障害の者でも100%楽しめるという類の内容だった。
山下達郎はちょっと謙遜して語ってはいたが、音を聴きに来ている人には音を。
当たり前の事をキッチリやる姿勢は、もっと他のアーティストにも見習って
欲しいかな。

プロジェクションマッピングで映像を流す。あまつさえ静寂のまま淡々と光の
洪水が流れ続ける。果たしてソレは真っ当な「音楽ライブ」「コンサート」か?
光の無い世界の住民だからこそ、悲鳴に近い感想の様にソレは思えた。

それを8月28日の放送に持ってくる辺りが、さすが山下夫妻である。

スポンサーサイト
8803:No title
なるほど、そして、彼は音を届ける本物ですね。
アーティストっていう一括りの言い方も良くないのかもしれないですね。
8804:No title
kerorinさん

ビジュアル系でない事は御存知の通りです(笑

そうですね。
括りの中に入れるべき人では無いと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

slowbeat

Author:slowbeat
主に雑談ブログ。
    たまに社会派(笑

ボケ防止対策で、なるべく文章を
書こうと思い、日記帳替わりに
使っております。


趣味 車・料理・DIY・酒
職業 カメラマン。
   仕事下さい ( -_-)人

Flashリバーシ

by mitti0

ブログ内検索