2013年5月28日『人気沸騰!軽自動車ウォーズ!』

 
いつも見てるガイアの夜明け。
特に自動車業界に関する回は覚えています。
そんなワケで今回の三菱の不正の一連の流れで「そう言えば、
ガイアの夜明けで正しくその回があったな…」と思い出し、
テレ東のHPを検索して見ると…


2013年5月28日『人気沸騰!軽自動車ウォーズ!』
見事に削除済(笑


内容としては『軽人気に乗り遅れた三菱自動車と日産自動車が50%ずつ出資し「NMKV」を設立。軽自動車の企画から開発までを共同で行い新型車を開発。具体的にはデザインを日産、動力系やシャーシを三菱が担当。』て内容だ。
一番の目標が正しく『燃費』。リッター28.2㎞を目標にスタート。しかし開発完了予定まで半年を切った時点で、ワゴンRがリッター28.8㎞を達成してしまい、この時点で「負けている数字では出せない…」と何としてもクラストップを達成する為に日産技術陣の知恵も借りて、細かな改善に取り組み、最終的にリッター29.2㎞というクラス最高燃費を達成できた… という感動秘話… だったんですが。

今となっては「なんだかなぁ~」な内容。
結局達成できずに誤魔化したのかよ… と。

そう言えば「ガイアの夜明け」って日経が提供なんだけど、その日経が出している日経TRENDYって雑誌で奇しくも2013年に「エコ軽自動車」て企画ページで各社代表の軽自動車で燃費テストをした記事があります。


    JC08モードの燃費      実燃費

ワゴンR    28.8      21.9
ムーブ    29        17.2
N-ONE   27        16.3
eKワゴン  29.2      15.6

見事にカタログ燃費番長のeKワゴンが実燃費では最下位。
この時点で計測方法を疑ってしかるべきだったのかもしれない。

最も日本のカタログ燃費はハナからアテにならないのは事実ですが、ちゃんと実測で「出た」値と最初から「虚偽申告」前提の値とでは、数字の価値が全く違う。
燃費検査自体を国交省管理の共通の施設で行うべきだろう。





ガイアの夜明けじゃないけど、今となってはこの動画も虚しいな…




ワタシが一番残念に思うのは、『ピートのふしぎなガレージ』が
ひょっとすると終わってしまうかもしれないと言う事だ。






追記

そうこうしている間にスズキからもデータが正規でない方法で
出されていたと
話題になった。
確かに正規でない方法でデータ算出てのはマズイが、じゃあ
それをしてるスズキ以下の実燃費しか出せていない各社は
一体何なんだと言う事になる。

そもそも車はカタログ通りの燃費なんか出ないてのは常識化して
いるので、この程度の事に驚きは無い。無いが、スズキのソレ
三菱のソレとは明らかに異質なモノであり、同様に「不正」の
一言で片付けるのは如何なものか?
スズキに対して不正を追求するなら、カタログ燃費と大きく剥離
している各社のデータ自体が偽装となりかねない。特定の条件で
しか出ない「カタログ燃費」に意味は無い事になってしまう。

いい機会なので、ボチボチ「実燃費」を国交省が計測してソレを
カタログに載せるべきかもしれない。働け、役人。


スポンサーサイト
8492:a(^^b
観ました。
なんの罪の無い組立製造関係の従業員のみなさんが可哀そう。
どうしようもない鉛●マーク車です。
8493:
その通りですね。Alainさん。
大きな会社に入って安泰だと思っていたらコレですモノ。
現場生産ラインに罪は無いと思うのです。
丸々どこかで買ってくれるといいのですが…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

slowbeat

Author:slowbeat
主に雑談ブログ。
    たまに社会派(笑

ボケ防止対策で、なるべく文章を
書こうと思い、日記帳替わりに
使っております。


趣味 車・料理・DIY・酒
職業 カメラマン。
   仕事下さい ( -_-)人

Flashリバーシ

by mitti0

ブログ内検索