from B  

愛車は ロードスター NB6 クリスタルブルー

ぼちぼち車検の準備  

 
タントの車検が近付いてます。
まあ色々やる事があるんですが、とりあえずプラグから。


使うのはイリジウムのVXUH22I
これで車検毎交換て感じにしてます。


プラグ交換手順としては、タントの場合エアクリケースの前部分を外します。
基本的にプッシュピン外して後は引っ張るだけ。


ただしワタシはプッシュピンを紛失してるのでボルト挿して代用してますが。


で、出てくるのがダイレクトイグニッションのコンデンサ部分。


12mmのレンチで外します。
プラグは当然プラグレンチですから、必要な工具はプラグレンチと
12mmのレンチ。後はラジオペンチ。コレはプラグレンチのソケットが
ヘッド側に残ってしまった時に使います。


外したプラグと新品のプラグの比較。
乗ってて特に不具合感じなかったけど、実際あんまり劣化してない。
ただちょっと煤けてるので、金ブラシで掃除すればまだ行けそう。
でも車検毎交換に決めてるので交換します。

ま、安全の為ですね。


プラグは最初手で軸だけ丁寧に回してハメて行きます。
ねじ山ナメない様に注意深く作業しましょう。


ちなみに外したプラグをシリンダー順に並べてみた。
熱的に苦しいセンターのプラグも含め、均等に焼けてると思います。
EFI制御は流石ですね。思えばこうやってちゃんとプラグが焼ける車って
初めて乗ってる気がする(笑

次はエアクリ交換だな。パーツは発注済。

スポンサーサイト

Posted on 2014/03/27 Thu. 01:01 [edit]

category: L375S

tb: 0   cm: 2

コメント

a(^^b

車メーカーの関係者が見たらビックリするのではないでしょうか♪
絶好調の維持は共感します♪♪
my BEAT君 で初めてイリジウムプラグを試しましたが、
ちまたで騒いでるような変な感じは一切なく、明らかに
ノーマルプラグより良いので♪♪♪ (^^)v

URL | Alain #buI3a3AE
2014/03/27 18:40 | edit

キレイに焼けてると気分いいです(笑

イリジウム。
ワタシの場合性能追求ってより耐久性重視なので、このチョイスになりました。
確実に着火してる感じはありますね。
今後もコレでいく予定です。

URL | slowbeat #-
2014/03/27 20:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://slowbeat.blog55.fc2.com/tb.php/2334-26563665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

Flashリバーシ

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索


▲Page top